日記帳

日記帳

課外授業『じっと見つめて西林寺』

2017年10月31日(火)、再びお隣のHY小学校五年生が来寺。

『じっと見つめて西林寺 – デッサン編 -』

図画工作科授業の一環として、地域を題材に
西林寺にて三部構成で行われる課外授業、
『じっと見つめて西林寺 – デッサン編 -』

前回西林寺での課外授業ではお寺の歴史やお寺の今、
そもそもお寺ってどんなところ?を知った上で、何を描きたいのか?
皆それぞれに考えてきた思い思いの場所で描く。

通常、法要など大きな行事の時しか掛けない山門の幕ですが、
先生の熱いリクエストにお応えして(笑)、法要仕様で。

・・・お墓参りに来られた方からこの幕を見て、
『今日は何か法要ですか?おハガキのご案内が届いていません。』と言われました…(苦笑)

お寺の山門を描く子もいれば、本堂、鐘楼堂、
親鸞聖人像、中庭、門徒会館、お墓の井戸・・・

中には私を描きたいという子まで現れ…(汗)
15分間、合掌ポーズをさせられて出来具合を見たら・・・

私のアタマ、、
阿弥陀さまの頭になっていた、、

テーマ:『疫病神 vs 安武氏』…なかなか独創的。(笑)

それにしても、前回の予備知識と
下準備を行ってきているせいか、
5年生の絵を描く意欲が素晴らしい。

デッサンの中に表現したいのか、

『あのマーク(下がり藤)は何ですか?』
『仏前結婚式の様子の写真はありますか?』
『カンボジアの井戸はどんな井戸ですか?』
『キャンドルナイトの様子の写真ってありますか?』

等々、、今日は何も話していないのに次々と質問が飛んできました。

そんな中に、

『この前キャンドルナイトに行きましたよw』という女の子が(!)

聞けば、先日の西林寺での課外授業の事をお家に帰ってご家族に話したら、

『じゃあみんなでお寺へ行ってみようか』ということになり、ご家族で遊びに来られたのだそう。

『めっっちゃくちゃ楽しかった!』と一言。

・・・なんか、
心がジーーンとしました。

この後学校へ帰って色づけなど行い、11月中旬以降に再び西林寺へ。

次回は『じっと見つめて西林寺 – 作品鑑賞会 -』だそうです。
どんな作品になっているか、完成が楽しみです。