日記帳

日記帳

親鸞聖人降誕会 – お誕生のつどい

2024年5月21日(火)、今日は浄土真宗の宗祖 親鸞聖人のお誕生をお祝いする『降誕会』です。

親鸞聖人 – 宗祖降誕会(ごうたんえ) –

親鸞聖人は、承安3年(1173)5月21日、京都の日野の里でお生まれになりました。
本願寺では明治7年(1875)より、この日を「降誕会(ごうたんえ)」と名づけ、ご本山である西本願寺を始め、一般寺院においても大なり小なり、親鸞聖人のご誕生をお祝いする法要や行事が行われます。

親鸞聖人のご生涯

親鸞聖人は、幼くしてご両親を亡くされ、わずか9歳で出家得度された後、二十年間にわたって比叡山で仏道修行を積まれました。

しかし、厳しい修行を積めば積むほど、自己のあさましい姿に気づき、悩まれ、ついには29歳の時、比叡山を下りて吉水の法然上人のもとを訪ね、その門弟となりました。

そこで「阿弥陀如来のご本願」に出遇われ、その救いを信じて生きる「念仏の道」に入られますー

その後1207年、念仏弾圧によって越後に流罪になられた後、その土地で恵信尼さまと結ばれたといわれています。

42歳の時、越後をあとに関東へ移られ、20年間にわたって常陸(茨城県)を中心に念仏を広められる傍ら、『教行信証』を著されます。

この『教行信証』著述の年である1224年を、「真宗教団成立」とする立教開宗の年と定められました。

そうして62,3歳の頃、京都へ戻られては数多くの書物をご執筆になり、弘長2年11月28日(新暦1263年1月16日)、親鸞聖人は90歳でご往生されたのでした。

『降誕会』(ごうたんえ)はその聖人のご誕生をお祝いし、その「み教え」との出遇いに感謝するご縁ですー

西林寺  親鸞聖人お誕生のつどい

am11:00−
西林寺仏教婦人会で正信念仏偈をおつとめした後、ご法話をいただきます

この度のご縁は、行橋市より両徳寺ご住職 舟川智也師。

舟川先生は、全国各地の寺院へ布教へ出られる傍ら、コロナ禍を迎えた2020年から新たな布教方法を模索し『みんなでおてらいふ/両徳寺』というYouTubeチャンネルを開設。

現在ユーチューバーお坊さんとしても活躍中の先生です。

しかしながら先生のお話は、まさに浄土真宗のど真ん中、本流の正統派であります。

『あなたを救い、護り、導いていく親はここにいるからな。必ず救う、我にまかせよと私の上に安心を与えようと届いてくる言葉が「ナモアミダブツ」なのですー』

身近な例話を用いながら、情味豊かに阿弥陀さまのお慈悲の心を味わさせていただきました。

親鸞聖人お誕生のつどい

ご法話の後は門徒会館へ移動し、『お誕生のつどい』の宴会に入ります。

松幸さんの美味しいお弁当をいただきながら、カラオケ大会が始まりました。

コロナが落ち着き、こうして皆さんと和気藹々、再びできることが本当に有り難い。

最後はみんなで炭坑節を踊りながら終了です。

今年も楽しい降誕会、親鸞聖人お誕生のつどいでした。